HOME < 産業機械 < クローズドタイプコータ

 

 

 


クローズドタイプコータ

ロールアプリケーション方式をはじめとする多くの塗工方式では、基材に塗工されるまでの間、塗工液は空気に触れています。塗工液が空気に触れることによる、溶剤の揮発(液濃度変化)や異物混入の対策として、ダイ方式やチャンバー方式など密閉構造方式が適しています。

スロットダイコータ

スロットから幅方向に均一な塗工液を出し、リップ先端部で適正なせん断力を与えて、平滑な面質が得られます。また、バキュームチャンバーの採用により、塗布安定性が向上します。

■ 仕様
速度 Max.100m/min
適用基材 各種紙、フィルムなど

グラビアチャンバー

アプリケーションと計量ドクターをクローズドチャンバー室で行なうことで、液の揮発を軽減し、異物の混入を防止できます。また、経時変化を軽減することが可能です。

■ 仕様
速度 Max.400m/min
適用基材 各種紙、フィルムなど

 

ドクターコータ

ナイフドクタータイプの発展型で、ギャップと液圧をコントロールすることで安定した塗工が可能です。

■ 仕様
速度 Max.60m/min
適用基材 各種紙、フィルムなど

 

 

お問い合わせ先  株式会社小林製作所 産業機械営業部
E-MAIL salesdept2@kobayashieng.co.jp 
TEL 0545-61-2406 FAX 0545-63-4570

▲このページのTOPへ