HOME < 産業機械 < マルチテストコータ

 

 

 


マルチテストコータ

小林製作所はこれまで数多くの塗工機を納入してまいりました。
その原点となる当社の研究・テスト設備では、お客様と共に新製品開発のための研究・テストを行なうことで、お客様のニーズに応える最適な塗工設備をサポートさせていただきます。

活用事例

  A社:塗工設備導入を検討しているが、どのような塗工ヘッドを選定すればよいのだろうか?
  B社:塗工トラブルの原因・解決策を調査するためのテストを行いたい。
  C社:新製品開発のためにデータ収集を目的としたテストを行いたい。

テストまでの流れ

STEP1 お客様からのご相談
  弊社営業スタッフがお客様の製品開発・塗工トラブル・実機導入計画に対してのご相談を承りますので、お気軽にご連絡下さい。
STEP2 塗工機の選定
  弊社の経験豊富な技術者が、お客様のご要望を満たす塗工機の選定をご提案します。
STEP3 テスト日の決定
  お客様のご都合を重視してテスト日を決定し、テスト当日は限られた時間を有効活用できるようにテスト方法・手順をご提案させていただきます。
STEP4 実験当日
  弊社のテストスタッフが、テスト機の準備・運転・片付けまでの一連作業を行なうため、お客様はテストに専念していただけます。

コータヘッド一覧

各種グラビアコータ
バーコータ
リバースコータ
スロットダイコータ
ロールナイフコータ
ドクターコータ
エアナイフコータ
ロッドコータ
ブレードコータ

テストコータ仕様

基材 各種フィルム,金属箔,合成紙
機械幅 650mm(ロール面長)
基材幅 MAX600mm(原反径MAX1000mm)
塗工幅 300~500mm(塗工機により異なる)
機械速度 2~600m/min
ドライヤ 両面フローティング式×3ZONE(炉長9m) 熱風温度:60~230℃
熱風風速10~40m/s
UV照射装置 照射幅:440mm ランプ出力:240w/cm(高圧水銀またはメタルハライド)

お問い合わせ先  株式会社小林製作所 産業機械営業部
E-MAIL salesdept2@kobayashieng.co.jp 
TEL 0545-61-2406 FAX 0545-63-4570

▲このページのTOPへ